玄関前やポストへの置き配を検知する方法を考えた

公開日: 2021年02月25日最終更新日: 2021年10月17日

Amazonで置き配が指定できるようになってしばらくですね。 自分も何度か置き配で荷物を受け取ったことがあります。 しかしいつ来たのか分からないのがちょっと困ります。 Amazonアプリが通知出してくれるときはいいんですが、何も来ないときもあります。 家にいるのにも関わらず置き配されて品物が玄関前に数時間放置されている、なんてことも・・・。
置き配は楽でいいんですが届いたことをもっと早く検知したいです。

そんなときにちょうどATOM Sensorが発売されたので買ってみました。 ドングルと開閉センサー、モーションセンサーがセットになって4000円(税込・送料別)です。Amazonだと送料込みで5360円。
上記のバナーを押してからなにか買ってくれるととても嬉しいです。一日はハッピーに過ごせます。

届いてさっそくモーションセンサーを玄関脇に設置し、置き配に来た人を検知するようにしました。 屋外に対応していないということなので、タッパーに入れておいてあります。 屋内用のセンサーなので保証外の使い方だとは思います。タッパーは室内に入りますか。
こちらはしっかり人の動きを検知してくれています。荷物が届いた瞬間を逃すことはなくなりました。雨でも大丈夫そうです。

玄関前の置き配だけでなく、ポストに物が入れられたのも検知したいです。 ワクワクして待ちながら一日に何回もポストまで往復するのはいい運動ですが、もっと楽をしたいです。
こちらは開閉センサーをポスト受け口の内側に仕掛けてみました。 念のため本体側をビニール袋に入れ、磁石側はそのまま貼り付けました。 これも保証外の使い方だとは思います。ポストは室内に入りますか。

ポストとドングルの距離は10mくらいですが、内部に設置する前に試したところ電波は十分届いていました。 しかし、蓋が閉まるとシールドされて電波が全然届きません。たまに大きめの荷物が入って、蓋がしっかり開くと電波をキャッチしてくれます。
金属製の箱は外側にアンテナを出さないと難しそうですね。

免責事項:保証外の使い方をすると発火や思わぬ事故につながることがあります。本記事に書いてある内容を試したことで発生したいかなる損害も補償いたしかねます。試す場合は自己責任でお願いいたします。